爽やかハッピー!ナチュラルスキンケア

食べて美味しい、肌にもいいお米

日本人の主食、そして国民色といってもいいお米。日本国内で食べられる食事の内容は様々な種類がありますが、最終的には飽きのこないお米に戻ってくる人も多いかと思います。

 

そんな体に優しい、だれもがほっとするお米ですが、日本のお米は他の世界で生産されているお米よりもずっともちもちしていますよね。水分が多くて、コシがあります。他のアジアや南アメリカなどで作られているお米は、もうすこし水分量が少ない感じで、ぱらぱらしています。

 

もちろんその質感も、その土地の料理にとてもあっていて、日本料理のもちもちはそのままおかずと食べるのに、他の国では、色々なソースのような物と混ぜて食べるので、そんなぱらぱらとしたお米のほうがよくソースと馴染み、合っているのでしょう。

 

そのお米の感じと同じように、日本人の肌はもちもちとしてとてもスムーズです。その潤いが失われるのはなぜでしょうか、それはやはり加齢やストレス、疲れる日常生活で休養がしっかり取れていないのでしょう。

 

若いときからしっかり保湿、肌に水分補給をして、UVケアなどをしっかりしていれば、肌の老化を大分避けることができると思います。いままでどうしても解けなかった、肌の保湿の働きが徐々に分かりつつある中、ライスフォースも肌にしっかり水分を溜め込む働きを強化しています。夏に冬に、いつでも使えます。

 

参照リンク

体験レビュー・・・いろいろな基礎化粧品を試してみましたが、どれも私には合いませんでした。あまり基礎化粧品をとっかえひっかえすると、逆にお肌のトラブルが増えたりと、悪循環になってしまっていました。